JAなんとについて(概要)

JAなんと 概要

JAなんと(なんと農業協同組合)は、富山県の西南部に位置し、大笠山、袴腰山、人形山、赤祖父山などから湧き出た清らかな水に恵まれ、標高100m~500mの耕地では水稲を中心に作物の生産がなされています。
2001(平成13)年3月に5つの農協が統合合併し、畜産農家と耕種農家を結びつけた循環型農業に取組んでいます。
また、管内の大部分が中山間地域を抱えていることから、農協に対する組合員の皆さま方からの期待は、年々大きなものとなっており、その声に応えるべく約150名の役職員は、農業を中心とした地域貢献活動を展開し、地元に密着した活気のある地域づくりに全力を尽くしております。

企業理念

私たちJAなんとは、相互扶助の精神のもと、農業を通じて地域と共生し、健やかでうるおいのある生活実現に貢献してまいります。

企業風土

食の安全・安心の提供が一番の使命と位置づけ、美味しいお米や特産物の生産を進め、元気で活力ある農業振興を目指しています。

事業方針

  • 組合員の立場や目線に合った事業運営を目指します。
  • 「庭先がJA窓口」の姿勢で出向く体制で進めます。
  • 消費者ニーズに応える生産と販売に力点をおきます。
  • 農業体験を通じた食農教育を進めます。
  • 財務基盤の拡充を図り、健全経営に努めます。

基本情報

組合員 正組合員・・・2,253名 准組合員・・・1,841名
役員及び職員 役員:常勤理事・・・3名 非常勤理事・・・10名 常勤監事・・・1名 非常勤監事・・・3名
職員: 正 職 員・・・108名(営農指導員・・・11名 生活指導員・・・1名)
臨時職員・・・30名 パート職員・・・10名<合計148名>
事業の概要 (貯金)609.5億円 (貸出金)42.0億円 (共済)1,360億円 (購買)19.1億円 (販売)14.2億円
主な生産施設と処理能力 カントリーエレベーター 2基・・・6,500t 共同乾燥施設 1基・・・480t 大豆調整施設 1基・・・320t 野菜集荷施設 1棟・・・773㎡ 土づくりセンター 1基・・・4,500t 低温倉庫 1棟・・・675㎡ 準低温倉庫 2棟・・・1,500㎡
本店所在地 〒939-1843 富山県南砺市金戸268番地の1
代表者 代表理事組合長 上田 憲仁
設立 1969年4月(昭和44年)

令和2年2月末現在

ディスクロージャー誌

令和2年度 上半期  
令和元年度 上半期 通期
平成30年度 上半期 通期
平成29年度 上半期 通期
平成28年度 上半期 通期
平成27年度 上半期 通期
平成26年度 上半期 通期
平成25年度 上半期 通期
平成24年度 上半期 通期
平成23年度 上半期 通期
平成22年度 上半期 通期
平成21年度 通期

事業内容

  • 営農指導・農産物販売・農機具販売事業
    安全で安心な農産物の販売、地産地消の推進、消費者との交流、ニーズに沿った農業機械供給・修理
  • 貯金・融資事業
    地域密着型で利便性の高いサービスの提供、利用者ニーズに沿った融資体制
  • 共済事業
    かけがえのない人、大事な財産を手堅く総合保障
  • 生活用品購買事業、生活指導事業
    身近で多様な生活用品の供給、健康で豊かな暮らしのご提案
  • 燃料・車輌購買事業
    農耕、生活に欠かせない石油類の供給、JAの総合力を発揮した自動車の供給
  • 旅行業
    癒せる旅、感動できる旅のご提案
  • 福祉事業
    住み慣れた地域での自立支援の応援

事業所

支店・事務所・施設一覧は、こちらから

≪支店≫

  • 西部支店(南砺農業会館内)
  • 東部支店
  • 五箇山支店

≪給油所、乾燥施設(CE・RC)、その他事業所≫

  • 生産センター(南砺農業会館併設)
  • 共済業務センター
  • 共済普及センター
  • 西部カントリーエレベーター
  • 広域カントリーエレベーター
  • 上平野菜山菜加工場
  • 農機センター
  • 生活課
  • 福祉センター
  • 旅行センター
  • 車両課(オートパルなんと)
  • 燃料課(カートピアかねと)
  • カートピアたいら
  • ヨッテカーレ城端
  • Aコープ なんとセフレ